水素は吸う時代です!水素ガス吸入療法!

血管拡張による血流改善抗酸化・抗炎症作用による様々な効果が期待!

しかも、水素ガス吸入による副作用の報告、研究結果はなし


水素ガス吸入療法とは?

「水素ガス吸入療法」とは、2016年11月30日に厚生労働省の先進医療Bに承認されたものです。

血管拡張による血流改善、抗酸化・抗炎症による慢性病の予防・改善や痛みの緩和など、様々な効果が期待されている最新の療法です。

水素ガスは”ヒドロキシルラジカル”という強力な酸化力を持つ悪玉活性酸素にのみ反応します。

活性酸素と水素は結びつくことで無害な水(H2O)となって体外へ排出されます。

「サビに強い身体」づくりのためにも、是非、水素ガス吸入療法を取り入れてください。

水素ガス吸入時のイメージです。

 

当院では、機器の販売もしております。

吸入中でも読書やDVD鑑賞などできますので、ゆったりと時間を過ごしていただいたり、

また、移動中の車内などでご利用いただければ、

時間の有効活用にもなります。

 

あなたのライフスタイルに合わせてご使用いただけます。




スポーツの分野

スポーツの分野では、プロ・アマ、競技を問わず数多くのアスリートが使用しております。

 

激しいトレーニングにより破壊された筋組織の回復や抗炎症作用による筋肉痛の緩和、血流改善による効率的な栄養補給など様々な効果が期待されます。

プロ・アマはもちろん、小・中学生など若い時期からの継続吸入による選手生命の延長も期待できます。

 

日常の練習からの使用はもちろんですが、大きな大会の前や最中の吸入により疲労回復などが期待できますので、選手のパフォーマンス向上にお役立てください。



抗炎症・抗アレルギー

身体にウイルスや細菌が入った場合、それらを排除しようとして発熱、腫れ、痛みなどの炎症を引き起こします。身体を守るための炎症ですが、炎症により細胞が酸化してしまい、より一層炎症が強まる場合もあります。

水素には、炎症の源である炎症性サイトカインという物質の産生を適度に抑制する働きがあります。

 

また、アレルギーはアレルゲンという物質により炎症が引き起こされ、痒みや不快感といった症状があらわれます。

水素による抗炎症作用でアレルギー反応を抑える抗アレルギーも期待されます



高濃度水素ガス吸入機(株式会社日省エンジニアリング 製)

カニューラという管を通じて水素を吸入します

今、話題となっている水素ガス吸入療法ですが、吸入機器はいくつかございます。

 

機器選定において重要となるのが水素濃度ですが、濃度測定結果を公表している企業はかなり少ないのが現状です。

公表していても”自社調べ”など根拠があいまいなものがほとんどです・・・。

つまり、濃度に関するエビデンスがない製品が多数ということです。

 

その中において「My神透水Jet」は第三者による濃度測定を実施しており、そのうえで38,000ppmという高濃度の数値を記録しております。

 

メーカーHP:http://www.nseg.co.jp/products/myshintousui-jet.html




血流スコープ

当院では、血流スコープにより指先の毛細血管の血流を見ることができます。

毛細血管は普段見ることのできない部分であり、皆様にご好評をいただいております。

 

水素ガス吸入前後はもちろん、施術の前後での比較もできますので、是非ご確認いただければと思います。